読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害シングルマザーが起業した

発達障害のシングルマザーが起業、子育ての迷走、奮闘を綴っていきます。

普通のビジネスはあきらめた

なんだかんだで起業して半年以上たった。 勢いだけでハチャメチャでやって来て、ハチャメチャだから粗が多く、人から指摘されることがおおい。 ハチャメチャなことをする大胆さもあるくせに、繊細さも持ち合わせているもんだから、またタチが悪い。 発達障害者は、純…

全財産1万円だけど幸せ。

今月のわたしの全財産、1万円。 家のローンは、かろうじて、頂いている養育費でまかなっているので、なんとか住むところの確保だけはできている。 もうここまでくると実験だ。本来の自分でいたら臨時収入があるはずだ!!と信じて、全力で自分であることに力を注い…

努力の方向がひとと違う

こないだ名古屋での朝活の帰りに 最寄りの駅から自宅までの間のほんの5分の道のりで 出会った小さなフリーマーケットで あったらい~な~とふわ~と思っていた、こどもの室内用スリッパが買えたー!しかも二つで300円という大満足プライス。 めっちゃかわ…

ふわっとしたお話会をやろうと思う

なんだか急に思い立って、お話会&ミニ講座をやろうと思う。 普通の人となにか違うと感じながら、なにが違うのかわからないまま、そして誰にも理解してもらえない孤独感を抱えてきた人(発達障害かそうでないかは重要ではないので問いません)が集まって 【…

それでもわたしは幸せ者

今日は保育園をお休みにして3人で公園へいったきた! 状況的には仕事しないとマズイんだろうが、いかんせん、自分のこころをねじ曲げることができなくなってしまったので、 『今日のわたしは何をしたいか』に忠実に従う癖がついてしまった。 自分の本音をねじ曲…

足かせをはずせ

思い返してみると、わたしは小さい頃から決めつけられることが本当に大嫌いだった。 わたしの行動の一部だけをきりとって、自分の枠にはめないでよ~。って、言葉でそうはっきり思ったわけではないが、感覚でそう思い、小さいながらも不快な気分になっていた。 わた…

やりたくないことはやりません

起業して半年が過ぎ、ついに貯金が底をついた。 自分のビジネスの見せ方を工夫してみたり、ターゲットを変えてみたり、 自分なりに試行錯誤してきたつもりだが、いかんせん、鳴かないし飛ばない。 努力不足ですと?まぁ、それも否めません笑 きっと、今月は…

発達障害の子を持つ親の務め

わたしの脳のなかは、意識という空間に、バラバラの単語が無数にフワフワ浮いている。そのバラバラの単語を口に出す1秒の瞬間にくっつけて文章にするのである。 だから、瞬間的に間違った単語をチョイスしてしまって言いたいことがまとまらなかったり、自分…

発達障害者の起業はふわふわ

わたしはセラピストとして4月のサロンをオープンした。 わたしにとってセラピストという職業は天職だ!と信じて疑っていなかった。家族や自分の病気をとおして経験したことが困っている人の役に立つ!と思って。 独立する準備として、5分でも時間があれば…

靴下の消息不明率の高さ

発達障害にとって、鍵、携帯、財布についで相性が悪いのは靴下だ。二つ揃ってしか用をなさないあいつらは、1つなくすともう途端にただの足の形をした布切れと化すのである。 靴下の行方は本当になぞ。借りに探していた片方の靴下が見つかって、あったーーー!と喜ぶ…

人が当たり前にできることができない

発達障害と言えど、わたしは普通程度の学力があった。むしろ、英語や音楽など、得意科目においては群を抜いていたこともある。 しかしながら学力があるのと、生活能力があるのとは比例しない。 こどもの保育園グッズの裁縫はもちろん、電球を交換すること、扇風機の解…

発達障害の子育て

発達障害でも子育てはできる。 自分の子育ては人並み以下のようで、人並み以上かもしれないと思う。 先にもいったとおり、自分がこどもを守っているという自覚がない。というか 守ってあげられるほど自分には力がないし、日々守ってもらってるな、とこどもた…

発達障害と気づいたとき

自分は発達障害かも?と思い始めたきっかけは、それこそ、離婚問題の真っ最中のときだ。YAHOOのトップ画面の下のほうにあるトピックスで「あなたはだいじょうぶ?モラハラ妻の特徴」という見出しを見たときだ。 いやいやいや、モラハラ妻て!そんな妻いるん…

発達障害起業する

普通のことはよくわからないが、開業するとなったら、綿密な計画や段取りをしてから、というものが一般的なのであろうが、 発達障害者は「今」「今」の瞬間瞬間の積み重ねという時間の流れかたをしている。 だから、準備や計画や目標、予測や数値のようなも…

起業こそがわたしの道と信じた

離婚することが決まって、これから、こどもたち二人を自分の腕で食べさせていかなければならない、と思ったとき、わたしはとてつもない絶望を感じた。 なぜか? 今までの社会人経験が、本当にろくでもないものだったからだ。 一番はじめは介護福祉士となり老…

発達障害シングルマザー家を買う

なにが一番大変だったかって、住むところだ。 いくら怒りが消えたからといって、基本的に好きではない親と同居することはわたしには到底ムリだった。なによりもわたしは自分の自由にできる場所が必須なので、実家での同居、近居さえも一度も考えられなかった。 その…

彼を許す

それでも、年は暮れ、明けていく。 正月は、3人で実家に連泊し、これからのことを相談していた。 父は、これから実家に一緒に住めばいい、と言ってくれた。 だが、母は、『甘えるから帰ってくるな』と言った。 そしてさらに、あんた一人でこどもを育てられるわけがない、…

親のせいでわたしは

ほどなくして、彼女との間にこどもができた、と知った。 そして、彼は家からでていった。わたしは突然、幼いこどもとの3人暮らしになった。 すぐに感情的に怒ってしまう自分が一人でこどもを育てられる自信もなかった。 もうボロボロだった。 こんな状態になっても、…

離婚はある日突然訪れる

それはある日、突然に起こった。 いつもの日常。 こどものお風呂に間に合うように 一旦帰ってきて、そこからまた仕事にいくという スタイルの毎日を送っていた旦那。 みんながお風呂に入って、食事の片付けをしていたわたしのそばに置いてあった、旦那の携帯の音が…

発達障害と判明する

発達障害ってなに? 発達障害は、主にADHD、アスペルガー症候群、自閉症の3つにわけられるらしい。 じっと座っていられなかったり、物忘れが激しかったり、空気が読めないなど、いろいろ特性があるようだが、 どうやらわたしは、軽度のADHDとアスペルガーの…