読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害シングルマザーが起業した

発達障害のシングルマザーが起業、子育ての迷走、奮闘を綴っていきます。

それでもわたしは幸せ者

今日は保育園をお休みにして3人で公園へいったきた!

状況的には仕事しないとマズイんだろうが、いかんせん、自分のこころをねじ曲げることができなくなってしまったので、

『今日のわたしは何をしたいか』に忠実に従う癖がついてしまった。

 

 

自分の本音をねじ曲げることがもうできなくなっているわたしは、今日は一日、3人で楽しむ日にすることにした。

あぁ、今月は、どう乗りきろうかなぁ。でも自分の本音にしたがってたらうまくいくって言うしなぁ。と毎日ふわ~っと生きている。

 

 

サロン開いてみたものの集客やマーケティングに興味が湧かないしなぁ~。我ながらとんでもない『宇宙におまかせ』野郎だと思う(ノ-_-)ノ~

 

 

でもね、ほんとに人生は完璧にできているし、うまくいくようになってるんだと思う。こんな、一見、何一つうまくいってないようにみえるわたしのビジネスも、意外とミラクルがいくつもあるのだ。

 

 

先月やった短期バイトの派遣会社の社長がわたしのマッサージを受けて、こんなに上手いマッサージに初めて出会った!!!と感動してくれ、自分が通いつつ、周りのみんなに紹介してくれているというのだ。そして、提携サロンとしてHPに載せてくれると。

 

 

そして、わたしは完全な技術屋だから、俺のような策士が必要だ、といって、いろいろ提案をしてくれたのだ。

もちろんそんな他力本願のまま、頼りっぱなしではいけないとおもっているが、今はありがたくその好意を受けている。

 

 

何にもやってないようで、一応やってるのよ笑

 

 

・・・いや、わたしは何もやってないな。

完全にわたしの周りにいる何人もの神様たちが、深い慈悲のこころで支えてくださっているのだ。

 

 

早く出世して、返さないとな。

何かの縁でわたしと関わってくれているみなさま、本当にありがとうございます。

得意不得意がある(わたしのばあい不得意の割合おおいかも)

わたしのできないことを、見返りも求めずやってくれる、そんなひとの温かさを感じることができる自分は、本当にしあわせものだと感じることができている。