読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害シングルマザーが起業した

発達障害のシングルマザーが起業、子育ての迷走、奮闘を綴っていきます。

ひとは不完全がパーフェクト

母親のくせに子どもに構わず自分を優先してるし、お金がないのにぜんぜん必死じゃないし、やりたくないことやりませ~ん、失敗してもわははと笑って、ダメでもまぁいいじゃない、楽しければさぁ~

みたいな基本ダメ人間スタイルのわたし。

 

最近、仕事が神的にできて、子どもがいてもたくさんの仕事を完璧にやりこなす素敵な方と仕事の話をすることが多い。

皆さん本当、すごい!スケジュール帳は、未満児ママとは思えないほどぎっしり詰まっていて、子どものお世話も手を抜くことなくやり、子どもが寝たあとからまた仕事を再開する。

 

いくつもの仕事をこなしながら、ほんのちょっとの合間にLINEでやりとりしたりしてくれる。神レベルとしかいいようがない。そして、いつもわたしだけが返信が早いので「暇人すぎて、ごめんなさい・・・」とつぶやきたくなる笑

 

そして、一緒に仕事をしたいなぁ~その頭の良さと繊細さでわたしを助けてほしいなぁ~なんて思い、一緒に講座をやったりするのだが、なんせ、神レベルに仕事をしなければ!結果を出さなければ!と思っている方だ。わたしは一緒にやれて本当にうれしいし、結果がついてきても、そうでなくても、行動したことへの価値は変わらないと感じているわたしの能天気さが、素敵ワーママさんをイライラさせてしまうことがあるようだ!!!!ほんっとーに申し訳ありません笑

 

最近転機だということもあり、考えさせられることが多く、ない脳みそであれこれ悩んでみた。そして一つの答えにたどり着いた。

 

わたしは100行動しても90以上は失敗がつきものだということを前提として行動している。だからたくさん行動して、そのなかで一つでも何か結果に繋がることがあったらラッキーと思っている。行動したことが100発100中、必ず成功するくらい簡単なものなんだったら、ビジネスは苦労しない。

ビジネスに失敗して借金を背負ったりする人なんていないし、軌道にのるまで寝る間を惜しんで四苦八苦する必要はないわけで。

 

とまぁ、でもそうではなく、そういうかたは正反対で「行動=結果ありき」なんだと感じた。結果が残せなかったら行動したとはいえない、それぐらいの気持ちで臨んでいるのかもしれない。

 

きっとそんな忙しい方たちにとって、「時間はお金」だ。けど、上手くコントロールできなかったときのストレスは半端じゃないだろうとも思う。

 

産後クライシスの記事にも書いたが、女性の完ぺき主義は周りにとってのプレッシャーも半端ではない。

完璧主義さんは、美人で女性らしい容姿をもつひとも多い。もっとふんわりやってみたら、人からもっともっと愛されて、楽にうまくいくんじゃないかなぁ~と何目線かわからんけど、そう思っている。

共感してくれる世の中の男性がいたらメッセージをください笑

 

さて、11月ももうおわりだ。いぜんまでの予定では、

10月末あたりで持ち家のローンも滞納し、電気や水、携帯もとめられ、真っ暗闇のなか、家族3人食べるものもなく、毛布に包まって暖めあっている予定だったはずが、

 

神様の素敵サプライズのおかげで、暖かい部屋のなかで、美味しいものも食べることができ、好きな仕事だけをしている。

わたしたち3人、2016年中はとりあえず生きていける状態にしてもらえた!

 

開業して、本当に苦悩の日々が続いた2016年。そのなかでも、

奇跡ともいえる素敵な助産師さんとの出会い、助けてくれる社長さんとの出会い、

師匠との出会い、何か運命共同体ともいえそうな大好きな同級生との再会、政界の要人のブレーンである、日本の女医界のトップとのハワイの旅。

 

わたしがわたしで在りつづけることに全力を注いでいたら、予想以上のサプライズの連続が起きた2016年だった。

 

来年はどんなサプライズが待っているのだろうか。

自分をあえてリスキーな方へもっていって何が起こるか楽しんでいる自分もいる。

こんなことをしていて、2017年早々に、のたれじんでいないことを願うばかりである。