読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害シングルマザーが起業した

発達障害のシングルマザーが起業、子育ての迷走、奮闘を綴っていきます。

2日分のおやつ代が稼げた

まだまだこれから増やしたいところだが、とりあえず一緒に活動するメンバーは決まった!SHIPSの活動理念も決まり、来月には初の講座も計画している!

 

 

あとはチラシやパンフレットを置いてくれそうなところをできるだけ多くピックアップして、交渉をしていかなければ!

 

 

思えば助産師の涼ちゃんは、私のオファーメール一つで、即会いましょう!と言ってくれたが、そのときに名刺も、サロン紹介ができるようなパンフもなかった。

 

 

どこのどんなひとか得体の知れない人の気持ち悪いほど熱烈なオファーメールで、会うことを即答してくれた涼ちゃんのフットワークの軽さはすごいもので、一緒に仕事をするとなれば普通はもっとどんな人なのか?どんなコンセプトのサロンなのか?と警戒するものだと思う。さすが、キャリアも知識も女性を応援したいという熱意も高い、やり手スーパーウーマンだ。

 

 

 

みんながみんな涼ちゃんのようなひとならいいが、やはり世の中はそんなに甘くない(?)。仲間や提携してくれる先生を探して交渉していくなら最低限、名刺とサロンの紹介ぐらいは用意しよかないとと、苦手なPCで、パンフを自作している。

 

 

印刷まできたのだが、なんせ素人がつくる三つ折パンフだ。なかなか配置がうまくいかない。

 

 

『もぉぉぉイヤだ(*`Д´)ノ!!!』

 

 

と絶望中に、ちょうど、わたしの唯一の親友がきてくれた!

また気分転換にちょうどいいタイミングだ。

 

 

用事ついでに、いろいろてを尽くしてくれたが、もういっそココナラで頼んだ方がいいんじゃない?ということで、そのための手順をすべてレクチャーし、お願いするときに文章も全部作ってコピー&ペーストで貼り付けれるようにしてくれた!

 

 

OMG!

なんてパーフェクトなお方なんだ!最高だ!最高だよ!

 

 

世の中にこんなに気が利くひとがいるものかと、わたしの周りの神に感動する。

私じゃたぶんネットでのやりとりで仕事をお願いするのは苦労するだろうということを見越し、パーフェクトにお膳立てをしてくれたのだ。

 

 

発達障害はいろいろ困難はあるが、こういうとき、周りの人の気のきき具合に最高に幸せを感じる。自分がなんにもできない人間でよかった!謝謝!と感じる瞬間だ。

 

 

そのお礼というわけではないが、幼少の頃からのからだの不調がまた最近気になっているということだったので、ボディプロセスのセッションに突入した。

 

 

その結果、すごく調子がよくなった!といってくれ、別に報酬などは不要だったのだが、お礼に!ということで頂いた。

 

f:id:Eriquark:20161213213909j:image

 

私の周りでは起業したて、もしくは開業準備のひとが多い。

みんな自分と同じようなギリギリの生活のなかで、少しでもみんなで与えあう。

 

 

お金をもらうつもりもなかったが思いがけず頂いた、

今日の腸腰筋のメンテ代500円分のクオカード!!

やったーーーー!!!!

二日分のわたしのPC作業のお供のおやつ代!!!

 

 

いつものコンソメダブルパンチにしようか、それとも、たまにはチョコレートにしようか!?あ、こどもたちにもなんか買ってあげよう!(ついでかい)

 

 

おもいがけない親友の訪問のおかげでパンフもすぐにできそうだし、明日のオヤツの楽しみも増えた!!

 

 

いまわたしの人生はラッキーで埋め尽くされている。