読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害シングルマザーが起業した

発達障害のシングルマザーが起業、子育ての迷走、奮闘を綴っていきます。

知識を行動に変換する

人は使ったエネルギーの分だけ収入が入ってくるといわれている。

だから成功者はどんなにとんでもない距離でも、行こうと思った瞬間に決断し、実際にすぐ行ってしまう。相手に対して誠心誠意出し尽くすこと+移動距離の多さ=収入になる!だからエネルギーは全出ししなさい!

 

 

はい、知ってます。何度も聞きました。どの本や成功者も同じことを言っている。

はいこれ成功者の常識ね。そう、【知っている】のだ。

そして紛れもなくこれはわたしが【知っている】けど、【やっていないこと】だ。

 

 

こうして、2016年にせっせと仕入れた知識や成功者の法則で知っているけどやっていないことがたくさんある、と気づいた。気づかされてしまった。

最近は人とたくさん会うより自分と向き合う時間のほうがメインだったので、いつものように本を読んだり、一流といわれる人のブログや動画を毎日見たり・・・そんな毎日を送っていると、不思議と自分にも成功者の思考が定着してくる。

 

 

だが、ある日、また一流と呼ばれる人の動画を見ていたら、付き合う人を変えろ、成功している人とだけ過ごせ、環境を無理やり変えろ、過去の延長線上でいつまでも無駄な

努力するな、というメッセージを見た。すごい人に囲まれて仕事しろ、すごい人とだけ付き合うようにしろ、と。

うん、知ってる。わたし知ってる。だから付き合う人は選んでるし、自分の足を引っ張る(無意識にでも)人には会ってない。うん、知ってる。

 

 

・・・ちょっと待って。付き合う人は選んでる・・・だから、いつも決まった人としか会ってないし、それ以外は1人でいる・・・これって本当にいいのか?ただ、自分の心地が良くない人と会ってないだけで、すごい人には動画と本でご対面するだけ。

これって本当にやってるといえるか?本やネットで知識を詰め込んでスゴイ人の思想には触れているけど、実際には家で引きこもっているだけ。

 

 

・・・やばい。わたし・・・全然ダメやん!!!!

 

 

でも、すごい人って、誰と会えばいいの!?すごい人とだけ過ごすって、そのすごい人とどうしたら一緒の時間を過ごせるの!?

 

 

いきなり自分の知ったかぶりの酷さに、雷にでも打たれたかのようにショックを受けた引きこもり。

 

 

行動・・・か。いっちょやってみようじゃないか。

 

 

実は、年末に量子の奇跡を体験した熱海旅のあと、年始には東京へ行った。もちろん新幹線など乗れないので、ライドシェアで見つけたドライバーさんに相乗りをお願いし、2,500円で東京まで乗せていって頂いた。

目的はあるお店の視察だったのだが、成功者がそうしているように【行きたいと思った場所には遠くてもすぐに行く】を自分もやってみたかったという気持ちが半分だった。

 

 

ドライバーさんは東京で不動産のお仕事をされている方で、中学生のときからデール・カーネギーなどの啓発書をたくさん読んでいたと言われる、27歳とは思えないほどの聡明で見識の広い、落ち着いた男性だった。

もう1人の相乗り者は28歳アイドルオタク女子。名古屋のアイドルのおっかけをやっていて、茨城から名古屋まで毎週きているという子だった。この子も可愛いのにあなどれない。男性でも適わないほどの超ロジカル思考&分析家、東京の優秀なビジネスマンにどんな話題を振られても対等か、ときどきそれ以上に渡りあう。2,500円でこうした素晴らしい人たちと出逢えて、じっくり話ができるのだからこんないい事はない。

 

 

そして、そんな二人に囲まれた発達障害なわたしは、休憩したSAで財布をトイレに置き忘れて置き引きに遭うという、なんともまたバカなことをしでかした!パニック気味になっているわたしを頭のいい二人が淡々と対処してくれる。・・・ここにきて、なんて失態だ!

一文無しで東京に着くという、また過酷な状況を自分で作り出す!ドMにもほどがあるだろ!(幸いにもカード類は別にしてあった。預金はないがクレカがあった)

 

 

そして財布もない、お店の視察以外は何も分からないわたしを見かねたオタク女子が、お店の視察に一緒についてきてくれ、地下鉄も一緒に乗って、安いのにグレードの高い、一番コスパの良い夜行バスの手配までしてくれ、ついにはバス乗り場でちゃんとバスに乗る瞬間までメールで逐一、教えてくれたのだ。

 

 

話がそれてしまったが、こうした年始の東京事件は、一見なにやってんだと思われそうだが、またまた私は学ぶことがあった!

人は行きたいと思ったらどこへでもすぐに行けること。距離は関係ない。

物理的な距離を言い訳に、自分が行けないと思っているだけだということだ。

 

 

行ってどうする?行って何も収穫なかったら?地下鉄で迷ったら?夜行バスもどこで乗ればいいの?手配はどうやってするの?取れなかったら?とわからないことだらけでも、意外と行ってみると、自然と助けてくれる人に出会うこと。

 

 

そして、行動力は、自分に自信をつけてくれる。行動=自分との約束を果たすことに他ならないと感じたのだ。自分を行きたいところに連れていってあげる、自分会いたい人に会わせてあげる、見たいものを見せてあげる。これこそが自分を大事にするということだ。自分を信頼する、とはそういうことの積み重ねの結果なのだと思った。

自分なら必ずやってくれる、自分を喜ばせてくれる。インナーセルフとの信頼関係度が、ビジネスの成功にも大いに関わっているのだとも思う。

 

 

ということで、徐々に知識を行動に変えていこうと決意したわたしだが、

次は、【一流といわれる人に会う】というミッションを自分に下したのである!!